HSG法律事務所

弁護士が教える「離婚の弁護士を選ぶ際のポイント3項目」

弁護士が教える「離婚の弁護士を選ぶ際のポイント3項目」

離婚案件に関しては,最近ではインターネットで検索して弁護士を選ぶという方が増えており,どのような弁護士に依頼すれば良いのかとお悩みの方も多いようです。

まず,実際にいくつか相談に行ってみて,判断されるのが良いと思います。相談の際に,どのような点に着目すれば良いか,弁護士が考える「離婚の弁護士を選ぶ際のポイント3項目」を述べさせて頂きます。

1 最も大切なのは,「実際に担当する弁護士が離婚の実務に精通しているかどうか」です。今後の交渉等で起こり得ることを具体的に予想した上で,戦略を立てているかどうかによって,結果は大きく異なります。

2 次に,「有利な点だけではなく,不利な点も含めてきちんと説明があるかどうか」です。不利な点も含めてあらかじめ確認しておかないと,想定外の展開となり,納得のできない結果になる可能性があります。

3 最後に,「メールや電話等での連絡に迅速かつ的確に対応してもらえるかどうか」です。法的紛争にあることの精神的負担は思いのほか大きいものです。迅速で的確な対応が,依頼者の精神的負担を少なくすることにつながります。

弁護士費用も,当然,判断の一要素にはなり得るとは思いますが,過度に安すぎる場合には注意が必要です。経営的には,薄利多売に近くなり,多くの案件を受任しなければいけなくなる結果を招き,あなたが依頼した案件の対応に十分な時間をかけられないというおそれがあります。

事務所の規模が大きいかどうかというのは,弁護士の立場から述べさせて頂くと,あまり重視しなくても良いのではないかと思います。離婚案件の結果に影響を及ぼすのは,あくまでも担当する弁護士個人の力量であって,事務所の規模はあまり関係がありません。

私個人として,既に1000件以上のご相談を受け,多数の案件を解決に導いてまいりました。初回相談においても,実務上の扱いや裁判例等に基づく実践的なアドバイスを行い,不利な点も含めて包み隠さずご説明することを心がけております。

離婚問題でお困りの際は,お気軽にご相談ください。

まずはお気軽にお問合せください

pagetop