HSG法律事務所

弁護士のご紹介

困難な状況にともに立ち向かうパートナーとして

困難な状況にともに立ち向かうパートナーとして、迅速な対応と緻密な検討で、法的な側面から依頼者をサポートします。
法的な争いが続くことは、思いのほか精神的な負担が大きいものです。必ず勝てるというような案件は別として、結果がどうなるか明確な見通しが立たないという状況に置かれてしまうと、どんな方でも不安を覚えるものと思います。
弁護士として、法的な側面からのサポートを行うのはもちろんのこと、不安を抱えている依頼者の精神的なバックアップも担えるよう心がけております。
また、依頼者の方々と密なコミュニケーションをとり、不安を取り除けるよう努めるとともに、早期に納得感のある解決を図れるよう尽力します。
どんな戦略にもリスクは内在しているものです。甘い見通しだけを申し上げることはせず、具体的にリスクを分析し、お伝えいたします。

弁護士・長谷川 研吾(第二東京弁護士会)

弁護士・長谷川 研吾

主な経歴

企業法務を中心とする法律事務所で3年半勤務し、個人の依頼者を中心とする法律事務所で2年間勤務した後、HSG法律事務所を開設しました。

まずはお気軽にお問合せください

pagetop